Event is FINISHED

『出版社、書き手、書店、読者。 今、本ができること』ライターズネットワーク第24回シンポジウム

Description

『出版社、書き手、書店、読者。今、本ができること』ライターズネットワーク第24回シンポジウム

詳細;
ライターズネットワークは、編集者、ライター、カメラマン、イラストレーターをはじめ、出版、マスコミにかかわるコーディネイター、クリエイターなどの親睦会です。1993年に発足し、以来、シンポジウムなどを開催し、親睦を図っています。
今回は、書肆侃侃房代表の田島安江さんをスピーカーに、当会副代表がナビゲーターとして、今、本を出すことの意味を一緒に問い直します。

■定員:40名 ■予約申し込み:このサイトよりチケットを申し込みください
■参加費 ※当日会場にてチケットをお示しの上、現金でお支払いください
 一般参加チケット 2000円(ワンドリンク付き)
 ライターズネットワーク会員価格1000円(ワンドリンク付き)

「書肆侃侃房とは」

2002年に福岡で産声をあげる。
◎2011年 笹井宏之歌集『てんとろり』『ひとさらい』出版、紀行ガイドシリーズ「KanKanTrip」刊行開始
◎「新鋭短歌シリーズ」2013年、「現代歌人シリーズ」2015年刊行開始
◎文学ムック『たべるのがおそい』2016年創刊、韓国女性文学シリーズ」2016年刊行開始
◎短歌ムック「ねむらない樹」2018年創刊、書店&カフェ「本のあるところ ajiro」を福岡市・天神にオープン
◎日本文学・海外文学、中でも韓国女性文学には早期より着目
◎詩集と歌集100タイトル以上刊行。2019年に笹井宏之賞を創設

▼書肆侃侃房について
http://www.kankanbou.com
■スピーカー 田島安江 書肆侃侃房代表、編集者、詩人
   
■ナビゲーター 藤岡比左志
ダイヤモンド社にて、書籍編集、雑誌編集者を経て、ベンチャー企業家を組織するダイヤモンド経営者倶楽部担当編集長、マネー誌「ダイヤモンド・ザイ」創刊編集長、金融情報局長、経営企画本部長等を歴任、2002年ダイヤモンド社取締役。2008年より2016年まで海外旅行ガイドブック「地球の歩き方」発行元であるダイヤモンド・ビッグ社代表取締役社長。現在は出版社をはじめさまざまな業種の企業顧問や教育系ベンチャー企業の社外役員などを務める。大阪府貝塚市政策アドバイザー、日本旅行作家協会理事。日本ペンクラブ会員。ライターズネットワーク 副代表

▼ライターズネットワーク について
http://www.writers-net.com
https://note.mu/shojinhouko

■日時:11月10日(日)
 14:30 開場 
 15:00 開演 
 16:30 質疑応答 
 17:00 終了 歓談
■会場:BOOK LAB TOKYO
 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目10−7 新大宗ビル1号館2F
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#482401 2019-10-10 22:42:35
More updates
Sun Nov 10, 2019
3:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般参加チケット( ワンドリンク付き)/参加費は当日現金にてお支払いください FULL
ライターズネットワーク会員チケット( ワンドリンク付き)/参加費は当日現金にてお支払いください FULL
Venue Address
渋谷区道玄坂2丁目10−7 2F 新大宗ビル1号館 Japan
Organizer
ライターズネットワーク
32 Followers